燕市にあるパン屋さんならりりぱっと・銀の麦・パーノトリアへ

松屋商店

パーノトリア物語Pa-notoria story

  • パーノトリア
  • お店では朝から一生懸命パンを作っていました。
    店内は賑わっていて、お客様の声が聞こえます。
    焼きたてのパンって美味しいよねー。
    すると、他のお客様からはこんな声が
    いやいや、揚げたてのドーナツだってすごく美味しいわ。
    さらには、
    え?作りたてのサンドイッチだってピクニックの時に最高よ。
    そこに、焼きたてくん、揚げたてさん、作りたてくんの3人が出てきました。
    私達は、3人力を合わせて作っています。
    焼きたて、揚げたて、作りたての3つが揃ってうちのお店です。
    だからお店の名前もエスペラン語のパンを意味する「パーノ」、
    3を意味する「トリア」でパーノトリアなのです。
    お客様はとても納得し、満足そうにパンを買っていきました。

ページ先頭へ